風雲!!ニート荒巻の上京物語

不安と恐怖に悶えながら頑張っています。

身のうさを 思ひしらでや やみなまし そむくならひの なき世なりせば

スーツを持っておきたいんですけど、高くて買えません。安くて2万円も3万円もするみたいです。だれか余ってたら譲ってください。174センチです。あるいは173センチです。いや、職業訓練の面接に、やっぱり、必要かなぁと思うんですけど、この時期だし、カッターシャツじゃだめなんだろうか?この暑さでスーツは、ちょっと堪えるな。それにしても、天気がめちゃくちゃだ。きのうは、公園へ行って、着いた途端、豪雨が降り出して、なにも出来ないうちに急いで家へ引き返すと、家に着いた途端に雨が止んだ。ふざけるな。おれの雨男ぶりも、いよいよ重症だ。おれは果てしもない雨男だ。曇り空のとき、おれが家から出なければ、たいてい降らない。出ると降る。ほぼ決まってそうだ。そんな、非科学的な……と思われるかもしれないけど、経験上、自信を持って言える。おれは雨を呼び寄せるパワーの持ち主だ。それにしても、ばあちゃんの家へ寄ったら、あんたまだ仕事してねんか、もう1ヶ月も経つじゃろうが、あんたいっつもそうじゃな、ちょっと働いたらすぐ辞めて半年も1年も何もせんと、根性がねえんじゃ根性が。畳み掛けて人格否定されたので、2分ほどで帰った。あのばあさんは、趣味がおれへの人格否定というようなところがあるからな。話を聞いていたら気が滅入る。黙らせることも出来るけど、おれは誰にも東京へ行くなどとは言うつもりはないからな。こっそり行くのだ。宣言するのは性にあわない。宣言すると、あれこれと要らない世話を焼かれたり、別れを惜しまれたりしてうっとおしいし、退路が絶たれるからな。退路が無いというのは精神的に追い詰められてよろしくない。冷静な判断が利かなくなる。自己啓発的言説が三度のメシより大好きな人なら「甘えるな!退路を絶つことによって火事場の馬鹿力がホニャララ」と説法を聞かせてくれるだろうけど、それはその人の話だ。その人がしょうゆラーメンが好きだからといっておれまでしょうゆが好きなわけじゃないし、大谷翔平と同じ量のメシを食って寝てトレーニングすれば一律にプロ野球メジャーリーグ大谷翔平と寸分違わず同じ結果を残せるのかというとそんなわけがない。何にせよこっそり行くわけだ。歯科でも「来週の予約はどうされます?」「いえ、来週からは県外へ行くので」と、東京という部分は伏せておいた。ていうか、このブログでも、そろそろ上京云々に関しては、あまり書かないようにしようかと思っているんだけど、無職の職歴なしが、上京して仕事を探すという日記を残せば、それは何かしら意義のある記録になるのではないかと、そう思わなくもない。とりあえず、スーツください。よろしくお願いします。